株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

再生可能エネルギーシステムの導入

未利用エネルギーを積極的に活用します。

シーエナジーは、再生可能エネルギーの導入を積極的に推進しています。事業性調査をお客さまと協調して実施し、事業計画をご提案いたします。幅広く先進的な再生可能エネルギーを実現することで、環境へ貢献することはもとより、お客さまへは賃借料等の安定した収益を提供いたします。

シーエナジーの再生可能エネルギー

1.小水力発電 2.地熱発電 3.バイオマス発電 4.バイオガス発電

1.小水力発電

お客さまがお持ちの農業用水路等、適度な落差を持つ水路をシーエナジーが借り受け発電を行います。お客さまは水路の管理など一切手間がかからず、一定の賃借料を受け取ることが可能です。

2.地熱発電

地中深くに眠る熱エネルギーにより、安定的な発電を実現します。源泉のある地域にて地元・地域と共存し、調査・選定から事業計画を立案し事業性を検討します。

フラッシュ発電

フラッシュ発電とは、生産井から噴出する蒸気と熱水の混合物から蒸気を抽出し、タービンへ送り、発電する方式です。

図:フラッシュ発電

バイナリー発電

バイナリー発電とは、温度が低く直接タービンを回せない場合、水よりも沸点の低い熱媒を利用し、熱水の熱交換のみで発電が可能な方式です。直接入浴できないような高温の温泉水が噴出する温泉地などでは、発電に利用した後の温泉を浴用にご利用いただく事も可能です。

図:バイナリー発電

3.バイオマス発電

伐採により林地へ放置されている間伐材や建設現場から発生する廃材を利用して発電を行います。木質バイオマスチップの有効活用をご相談いただければお客さまへは木質バイオマスチップの購入料をお支払いいたします。種類や状態にあわせて調達計画を立て、発電事業の可否を検討します。

図:木質バイオマス発電

4.バイオガス発電

食物残さ、家畜の糞尿、下水処理場の消化ガス等あらゆる有機物を燃料として発電をします。バイオガスの種類にあわせて処理設備を含めた総合的な事業性を検討します。お客さまへは燃料の購入料をお支払いいたします。

家畜の糞尿

消化ガス

【イメージ図】豊川浄化センターさま

再生可能エネルギーシステムの契約イメージ

シーエナジーが発電事業者になります。シーエナジーが発電設備の設置およびメンテナンスなど一切の業務を行うとともに発電した電気を電力会社へ販売します。お客さまへは、設置場所の貸借料や各種エネルギーの利用料、燃料の購入費といった形で一定の対価を期間中に継続してお支払いします。

図:再生可能エネルギーの契約イメージ

関連情報

このページの先頭へ