株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

甘酒水力発電所

甘酒水力発電所の概要

シーエナジーは、既設農業用水路を利用した小水力発電所を建設し、2019年1月より運転を開始しました。

所在地 長野県佐久市協和字甘酒
発電出力 533kW
想定年間発電量 一般家庭 約800 世帯分
佐久市望月地区は、蓼科山(標高2,530m)の裾野に位置する山麓丘陵地帯です。発電所の看板は、プロジェクトに携わった弊社社員が揮毫しました。

概略イメージ図

図:シーエナジーが建設した設備 沈砂池 除塵機 ヘッドタンク 水圧管路 発電所

設備紹介

1.沈砂池

沈砂池で流速を落とすことにより、水中に含まれる砂等を沈殿させます。

2.除塵機

除塵機にて落ち葉や枝など浮遊しているゴミを除去します。

3.ヘッドタンク

水車内部へ空気が入り込まないよう水車入口から水圧管を充水するために必要な水位を確保しています。

4.水圧管路

全長357mあり、緩斜面においては管を埋設することで落石等からの保護を行っています。また、急斜面には金網と植生を施して土砂崩れの防止を行っています。

5.発電所

発電所がある地点は、高落差・小水量であり、年間の水量変化も大きいため、小水量でも効率が落ちにくいペルトン水車を用いた発電機を採用しています。

このページの先頭へ