株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

株式会社シーエナジーは、本日、
豊川浄化センター汚泥処理施設等整備・運営事業の
事業契約を締結いたしました。

2014年12月22日

プレスリリース

メタウォーター株式会社(社長:木田友康、本社:東京都千代田区)、メタウォーターサービス株式会社(社長:中村英二、本社:東京都千代田区)、株式会社シーエナジー(社長:山田登紀彦、本社:愛知県名古屋市)が出資し、中日本建設コンサルタント株式会社(社長:上田直和、本社:愛知県名古屋市)が協力企業として参画する特別目的会社「愛知クリーンエナジー株式会社」は、2014年12月22日付で愛知県と「豊川浄化センター汚泥処理施設等整備・運営事業」の事業契約を締結しました。

豊川流域下水道は、1980年に供用した流域下水道であり、施設の老朽化や社会・経済情勢の変化に伴い、より効果的かつ効率的な事業運営が求められています。特に、下水処理で発生する下水汚泥については、環境保全を考慮した再生利用が重要な課題の一つとなっています。
本事業では、豊川浄化センターにある休止中の消化システムを再稼働し、良好な水処理を維持すると同時に、下水汚泥の安定的な処理を行います。また、汚泥処理に伴い生成されるバイオガスを利用して発電を行い、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT:Feed in Tariff)を活用することで、「汚泥処理費用の低減」「温室効果ガス排出量の削減」を目指します。

詳細は添付ファイルをご覧下さい。

関連情報

このページの先頭へ