株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

民間事業者として初の下水熱利用設備の
設置工事着手について

2016年1月25日

お知らせ

当社は、下水熱の有効利用について、長野県小諸市、長野県厚生農業組合連合会(以下、JA長野厚生連)と共同で検討してまいりました。
本日、民間の事業者として初の公共の下水から下水熱を利用する設備の設置について、工事着手しましたので、お知らせいたします。

これまで、下水道管理者以外は「管路内設置方式」による下水熱利用の事業主体になれませんでしたが、「水防法等の一部を改正する法律」の中で「下水道法の一部改正」が行われ、当社が民間事業者として初めて下水道管理者から許可を得て下水道の管路内に熱交換器等を設置し事業を行うものです。

なお、実際の下水熱利用は、平成29年10月の竣工を予定しているJA長野厚生連小諸厚生総合病院の給湯の加熱に活用されます。

当社は、今後も未利用エネルギーの有効活用を通じて、お客さまの省エネ・省CO2のニーズに応えてまいります。

国土交通省 関連ページリンク

関連情報

このページの先頭へ