株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

日本赤十字社 伊勢赤十字病院 様

伊勢赤十字病院様のご紹介

伊勢赤十字病院様は、一般医療に貢献することはもとより、医療救護体制の整備、地域住民のニーズにもとづく離島のガン健診、市町村の保健衛生事業への協力、健康・病気についての啓発活動(赤十字健康大学の開催)、医療相談など、地域住民を対象とした多様な保健医療活動を展開しております。

写真:写真:伊勢赤十字病院 様

オンサイトエネルギーサービス採用の経緯

新病院のコンセプトである、『患者さまや近隣住民の方に配慮しつつも、職員が診療に専心できる施設環境を整えること』を重要視し、診療と直接関係ない業務についてはアウトソーシングするオンサイトエネルギーサービスを採用されました。

ご採用のサービス内容

システム

  • エネルギーセンター建屋+発電設備+蒸気・冷温水供給設備+受変電設備

導入設備

  • マイクロコージェネレーションシステム 25kW×2台
  • 空冷ヒートポンプチラー(冷専)286RT×1系統、(冷暖)275RT×2系統
  • ガス吸収冷温水発生機 400RT×2台
  • 蒸気ボイラ2t/h×3台
  • 非常用発電機 1,500kVA×1台
  • 特高受変電設備 5,000kVA×2台

空冷ヒートポンプチラー

ガス吸収冷温水発生機

小型貫流蒸気ボイラ

継続的な省エネルギー活動

グラフ:1次エネルギー消費原単位の推移

開院後、空冷ヒートポンプチラーの最適運用や蒸気ボイラの着火ロス低減に取り組み、4年間で5%の省エネを達成しました。

お客さまの声

これからの総合病院は、エネルギーセンターのアウトソーシングを導入するのが主流になっていくのではないでしょうか。当院は病院におけるエネルギーシステムの理想的なモデル運用になると考えています。地域医療の発展をリードする使命を担う私たちとしては、中部電力グループの皆さんにも当院の一員であるという気概を持っていただき、ともに協力して運営を支えることを期待しています。

関連情報

このページの先頭へ