株式会社シーエナジーは、お客さまのエネルギー問題をワンストップで解決いたします。

  • プレスリリース・お知らせ

長野県小諸市

長野県小諸市のご紹介

小諸市は、雄大な浅間山の南斜面に広がり、市の中央部を千曲川が流れる高原都市です。

オンサイトエネルギーサービス採用の経緯

小諸市は平成25年3月に策定した「第1期小諸市低炭素まちづくり計画」に基づき、市役所、市民交流センター、図書館(以下小諸市庁舎等)を建設、平成27年7月に竣工しました。
本計画は、平成29年10月に竣工したJA長野厚生連様の浅間南麓こもろ医療センターとの余剰エネルギーの相互利用や未利用エネルギーの活用などを含めた先進的な手法を用い、都市の低炭素化に資するエネルギー供給を目指しており、シーエナジーがエネルギーサービスを受託し、小諸市庁舎等と浅間南麓こもろ医療センターのエネルギー一体運用を行っております。

ご採用のサービス内容

小諸市庁舎等

  • 寒冷地仕様ビル用マルチエアコン
  • 空冷式ヒートポンプチラー
  • 水蓄熱槽

浅間南麓こもろ医療センター

下水採熱の様子

  • 寒冷地仕様空冷式ヒートポンプチラー
  • 熱回収ヒートポンプチラー
  • ガス焚冷温水発生器
  • 蒸気ボイラー
  • 下水熱利用ヒートポンプ給湯機

お客さまの声

平成26年3月26日に「小諸市庁舎等及び小諸厚生総合病院(浅間南麓こもろ医療センター)エネルギー供給サービス事業」についての事業者候補選考プロポーザルを実施し、シーエナジーを事業候補者に選定しました。事業者決定後、各設備の計画・構築等が滞りなく進められるとともに、小諸市庁舎等・浅間南麓こもろ医療センターそれぞれ国の補助金採択を受けることができました。これら一連の事務処理につきましては、基本的にシーエナジーの担当者に進めていただき、直接・間接両面でコスト削減につながっています。

その後、平成27年7月に小諸市庁舎等の建物が竣工し、同年9月から11月にかけて、市役所・市民交流センター・図書館を順次開設しており、それに合わせエネルギー供給サービスも大きなトラブル等なく開始されています。また、平成29年9月の浅間南麓こもろ医療センターの建物竣工に伴い、エネルギー融通や未利用エネルギー利用等が本格的にスタートしました。今後の運用に期待しています。

関連情報

このページの先頭へ